2006年06月26日

予防方法!

フィラリアの予防には、蚊の発生期間中に、月1回の予防薬を飲むことです。

飲み薬の他にも皮膚に落とすだけのスポットタイプのどもあります。

すでに感染していると予防薬で副作用を起こすこともあるみたいなので

事前に動物病院で検査をしてもらって処方される薬をお使い下さい。



時期的には、大体5月〜11月までですが地域によっては異なりますので

動物病院の指示に従ってください。


薬のお値段は、1回分1000〜4000円前後。(犬の体重で変わってきます。)



posted by chicha at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フィラリア予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

フィラリアの症状



フィラリアが感染して起こる症状は慢性ですが、時には重症になる事も

あります。
 

急性は大動脈症候群と呼ばれ、慢性の途中でフィラリアが移動し、突然、
 
赤ワインのような色の尿と呼吸困難、虚脱などの循環不全の激しい症状を

示すものです。

そのまま、放置しておくと数日で死にいたる事もあるので、速やかに

フィラリアの摘出手術を受けてください。


続きを読む
posted by chicha at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フィラリア予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

フィラリアとは



フィラリア(犬糸状虫)は、蚊の媒介により 心臓や肺の欠陥に

寄生する白いソーメン状の内部寄生虫で、ソーメン状の長さは、

17〜28センチ位あります。

寄生により、心臓、肺、肝臓、賢臟に異常をきたすようになり、進行すると

心臓疾患を起こし、死に至ことも多い。
posted by chicha at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フィラリア予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。